2019/07 06

終了しました

越後で愛された古布たち 櫻井大士収集

イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。
越後で愛された古布たち 櫻井大士収集

新潟県長岡市在住の櫻井大士氏は写真家であり、古布古物の収集家、収集品を使った作品の作り手でもある。40年近く山村の写真を撮影。あるとき小千谷縮の糸を苧麻から手績するおばあさん達を撮影、そのうちの一人から中越地震後に箪笥を譲り受け、古い上布と出会う。それから古布を何とか残したいと思い収集を始める。気が付くと山のようなコレクションとなった。今回は新潟県で使われた古布を中心に展示。

イベントデータ

開始: 7月6日
終了: 8月31日
参加費: 300円 - 500円
イベントカテゴリー:
Webサイト: イベントWebサイトへ

会場

同一庵藍民芸館

主催者

同一庵藍民芸館

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です